マキタの掃除機のヘッドを取り換えてパワーアップ

さて期末で脳の血管切れまくるほど忙殺されていてやっぱり働くって大変だなぁと思っている今日この頃ですが如何お過ごしでしょうか。

以前に書きましたが一戸建てというのはTPOに応じて掃除機の使い分けが必要でして、ウチはマキタのコードレス掃除機を使っております。

でら便利だがや!マキタのコードレスクリーナーを木材利用ポイントで得たJCB券でゲット




この掃除機、吸い込み力やバッテリの持ちなどは申し分ないのですが、ちょいと気になる欠点があります。それは掃除機のヘッド(ノズル?)がショボいという点です。

ダイソンのコードレスがモータヘッドでブラシをクルクル回しながら吸い取るのは個人的には非常に理解できるところでして、吸引力っつてもホウキではきながら吸い取る方が10倍効率が良いと思うんですよね。

その点、マキタのコードレス掃除機のヘッドはブラシなど無く、ゴムベラっぽいのが付いてるだけなのです。
参考画像はこちら


そこで交換用ヘッドだけ売っているのを見てみるとこんなのがあるではないですか↓
(コーワというところのアレルゲンクリア タービンブラシ)


タービンブラシというのはモータ式ではなく吸い込み気流によってブラシを回転させる場合の呼称だそうです。一応各メーカ対応と書いてあるのは付属の継手を使ってどんな径にも合うよということらしいです。アレルゲンクリアというのはまぁアレルゲン物質にどうのこうのの素材をブラシに使ってるようですが正直そのあたりはクエスチョンですね。

しかしAmazonのレビューを見ていると外れやすいからイライラするようなことが書かれていてちょっと迷うところでしたが3000円を切る価格に負けて購入いたしました。

実際に使ってみると、


なんと継手を使わずにバッチリはまりました。
吸い込んだときに中のブラシもきっちり回転しております。
あと当たり前ですがカーペットではブラシは回転しません。

これで弱点であったヘッドのチープさを何とか克服できました。
ちなみに他のメーカも様々な取り換え用タービンヘッドを出しているのですが、現時点で最もコストパフォーマンスが高いのは明らかにこれでした。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

続きを読む »
Powered by Blogger.