2017年1月7日土曜日

【書】ブログの投稿は一晩寝かせるべき?

しょぼい記事でもとにかく書く(汗)

ちょっと前にこんな本を読みました↓

「要領がいい人」のすごい考え方: 仕事をシンプルに変える50のリスト (知的生きかた文庫)
「要領がいい人」のすごい考え方: 仕事をシンプルに変える50のリスト (知的生きかた文庫)


この著者の本はちょくちょく読むのですが、読みやすいです。
一節は短く、強調したい箇所は太字にするなど工夫してくれています。

この本に関してはまぁどっかで聞いたような話が多いのですが、1点ピックアップすると、
「メールは書いてすぐ送信せずに、一晩寝かして朝のフレッシュな脳で読み返してから送信すべき」みたいな話があります。


これは仕事については激しく同意です。とくに叱咤する際のメールは感情がはいってしまう場合が多く、翌朝の冷静な見直しで何度も助かった経験があります。


一方で同様のことをブログの記事にも感じます。


一気にバーっと書いた記事は、時間をあけて読み直すと読みにくいことが多く、客観的な視点で修正することが多々あります。


でも実際その余裕がないのも事実…(汗)


というわけでこの記事は一気に書いてそのままポスト!



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

2017年1月6日金曜日

平塚にモデルハウス?

知りませんでした…

アコルデブロガー皆様の記事はFeedリーダできちんと毎日拝見しておりますが、多分見逃したのでしょう…

何の話かと申しますと、アコルデから年賀状を御丁寧に頂いていたのをマジマジと見ていたら「昨年平塚にコラボ企画のモデルハウスをオープンしました」と書いてあったのですが





何だっけかな??


…となってしまったのです。


調べてみるとトゥルーライフの方にありましたね↓
http://www.truelife-home.com/showroom.php


もう一度いいますが、アコルデブロガーの皆様の記事はFeedリーダできちんと毎日拝見しておりますが、多分見逃したのでしょう…


妻が「見たい、行きたい…」と言っているのですが、予約制とのことなので、ちょっと躊躇ってしまうなぁ…と。我らがまっしん師匠にどうやって行ったか聞いてみますか…


ちなみにアコルデからの年賀状の美しい直筆の御挨拶はあれは清水畑さんの字でしょうか…(←このコメントにはなんの意図も他意もございませんのであしからず…(汗)


にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ



2017年1月5日木曜日

【書】セカンドライフは引っ越したほうが良い?

さて今年はぼちぼち記事を書いていきます(多分)。

先日こんな本を読みました↓

大前研一 日本の論点2017-18
大前研一 日本の論点2017-18


大前研一の本は読みやすいのでよく読むのですが、序盤にこんな話がありました(淡い記憶での要点なので正確性はご容赦を)


  • セカンドライフは子供や孫が帰省したくなるような場所に引っ越すべき。ベッドタウンに買った家の周りなどせいぜい老いた妻の友達が居るくらいで子供たちは寄り付かない
  • アメリカでは30代でリゾート地に別荘を買ってマネジメント会社に運営させて賃貸収入でローン返済して退職する頃に完済&自分で住む(これを課長クラスが当然のようにやる文化がある)

かなり過激で極端な表現を含んでいますが、子供たちが自立していった後に夫婦で住みたい場所というのがどこなのかはよく考えます(もちろん家を買うときはここを終の棲家にするぞと思ったもので、今もそう思ってはいるのですが)。

その他にも自分の親との距離感も色々と考えるところがあります。

アメリカは不動産の価値を上げて売るというシステムや文化が成り立っているので日本で同じことをやろうとするとかなり場所や方法が限定されそうですが、セカンドライフはセカンドライフに適した場所に住むべきであるというのは判らなくはないですね。



にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ