ニンテンドークラシックミニ(ファミコンミニ)の在庫を見つけた方法

ニンテンドークラシックミニは2016年発売にも関わらず今だに入手困難な状況が続いているようです。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ


他人のお話のように見ていたのですが、急に子供が

「誕生日プレゼントは、ファミコンミニが欲しい」

とか言うもので(汗)、頑張って探しました(半日ですが…)。

結論から言うと、ほぼ新品的な中古を購入出来たのでその内容を記します。


ネットショップの在庫を一気に確認できる便利サイト

ネットではAmazon、ヨドバシ、ビック、トイザらスなどが主力販売網だとは思いますが、Amazonは転売屋によるマーケットプレイスで値段が1万円以上というFXXXな状態です。その他はもちろんすべて売り切れ。

いちいち確認するの面倒だなーと思っていたらなんと定価以下で在庫があるかどうか一括チェックしてくれるページを作られている方がいるではありませんか。
こちらのサイトです。
ここでしばらくポチポチ見ていたのですが、まったく在庫が変動する雰囲気が無かったのでネットショップは早々に見切りをつけました。


※なお、ファミコンミニを探していたら価格コムのクチコミでニンテンドースイッチの方がヨドバシで一時的に在庫復活しているという書き込みがあり、見てみたら確かにニンテンドースイッチは在庫あり。でも10分程で売り切れていました。というわけでファミコンミニの方の価格コムのクチコミも要注意です。


リアル店舗はTSUTAYAかGEOを狙え?

さてではリアル店舗は?というと調べてみるとトイザらスやTSUTAYAやGEOがたまに在庫を持つとのこと。

リアルタイム検索でつぶやきを見てみるとX時間前にTSUTAYAの都内の店舗で入荷しました~とつぶやき発見。

早速電話して聞いてみると「もう完売しました…」orz

もうしょうがないから近隣店舗にないか聞いてみるとTSUTAYAもトイザらスも各店舗に直接問い合わせてくれと…。

面倒でしたが一応3~4店舗近い所に確認。どこもなし(汗)

そして次にGEOの近隣店舗に聞いたらGEOはちゃんと在庫データベースが店舗間で共有されていて他の店舗在庫も確認してくれました。

「あ~新品はどこも無いですが、中古なら1点、XXX店にありますね

というわけでそんなに遠くなかったので早速出向いてゲット出来ました。
値段は勿論定価よりも少し安い価格です。モノはほぼ新品のような美しさとパッケージングでした。

子供も大喜びだったのでまぁOKです。


生産中止というデマ?ニンテンドースイッチが優先生産?

どうももう生産してないんじゃないの?という噂が多いようですが、ニンテンドースイッチの生産が優先されている(当然そちらはソフトで回収するために数を出したいのでしょう)だけのようです。

トイザらスかどっかに問い合わせた際に、入荷未定だから予約も受けないように指導されている、と言っていたのでニンテンドースイッチの増産計画に依存してファミコンミニの方も生産量を調整しているようなことをやっているんじゃないかと推測しております。



まとめ

色々調べてみると、今回は結構ラッキーだったように思います。

オークションやメルカリなどでも中古なのに8000円とかで平気で売れているようです。

私は定価以上は絶対に出さないと思っていたので本当に結果オーライだったようです。

まぁ本気で探すとどこかにあるのでは?とも思います。どうぞご参考まで…


 にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ ブログランキング・にほんブログ村へ
続きを読む »

テレビとソファの間の適切な距離、に関する情報を整理する

家の模様替えを検討しております(汗)
やはり気分転換というのは大事ですから…

さてその際にふとテレビとソファの距離ってどれ位が適当なんだろう?と思ったので情報を整理します。

テレビとソファをある程度離すべき理由とは


言ってる人や機関ごとに微妙に理由が違ったりします。

  • VDT(Visual Display Terminal)症候群にならないようにするため
    これは目が疲れるとか視力が落ちるとか全部ひっくるめているのでだいたいこれを言っておけば良いような気もします(汗)
  • テレビの美しさを適切に楽しむため
    メーカーはこれをうたっている場合があるようです。Retinaディスプレイの時もこの手の話がありましたが、解像度が人の認識できる細かさと一致する距離が適正距離ということっぽいい?です。
  • 首が疲れる
    テレビの設置高さによる?んですかね

画面の高さ方向の約3倍の距離、説その①

これが通例のようです。ただし理由が言う人によって少し異なります。

ざっと見た中で、最も詳細な説明をしているのはPioneerのライフスタイルネット.comというサイトでの記事です。

簡単に言うと、人の視線は水平~15°下を見ている&その範囲外のものを見ていると目が乾きやすい(ドライアイになりやすい)&疲れる。ということのようです。






この説明、結構リーズナブルですよね。

ちなみに「画面の高さ」という日本語がわかりにくいのですが、上図のようにテレビのフレーム除く画面の縦サイズのことのようです。

この「VDT症候群」防止のためには「画面高さ×3倍の距離が必要」を計算した一覧表はこちらのサイトに記載があります。50インチだと1.9m位離れた方がよいようです。



画面の高さ方向の約3倍の距離、説その②


同じ内容ですが、シャープが述べている理由が少し違うのです。


液晶テレビの視聴距離は、ブラウン管テレビの場合よりも短くてすみます。
従来のブラウン管テレビの視聴距離は、画面の高さの約5~7倍の距離が必要でしたが、液晶テレビでは、高精細な映像のため、近くで視聴しても映像の美しさが損なわれません。
そのため、ブラウン管より短い視聴距離でも、充分なのです。」

うーん・・・

つまり高精細になったから近くで見てもOKってことですよね。
美しさを損なわない距離、という説明だけだと疲れやすいかどうかが判らないですね。

もしかすると美しさを損なわない=ドットを視認できない=疲れないということなのでしょうか。

しかし先程の人間の視野とテレビのサイズの関係からすると高精細になろうがなるまいが必要な距離は変わらない気もします。


画面の高さ方向の約5倍の距離、説

そんな感じで先程のパイオニアのライフスタイルネット.comを見てみると、シャープと同様の記載もあります。

従来のテレビの場合の最適視聴距離は、画面の高さの5倍ぐらいが良いとされていました。これがプラズマテレビなどのハイビジョンテレビは、高画質化が進んだことによって、画面の高さの3倍ぐらいが最適とされています。

う~ん結局高精細かどうかでやはり距離が変わるようですね。

ちなみに従来のブラウン管だと画面高さの5倍の距離が必要とされていたようです。
なので画面高さ37cmのブラウン管は185cmが適正距離だが、画面高さ60cmの高精細テレビ(フルハイビジョン?)だと180cmが適正らしいのです。

これだけ見ると、ブラウン管世代の今の親たちと、フルHD世代の今の子供達でテレビとの離れるべき距離感覚が違っていて当然となりますね。



どうも最初の人間の視野角は…の話とマッチしなくて超納得感が薄れます(汗)

つまりフルHDではなく最近話題の4Kや8Kテレビになったらもっと近づいて良いということでしょうか…


見上げるのは良くないから離れろ、説

これは納得感がありますね(距離を決めるものではありませんが(汗))

最初の「人の目は少し見下ろすと疲れない」とも整合がとれます。

よく子供がテレビに近づいて見上げるようにして見てることがありますがその場合はできるだけ目と首への負担を減らすために離れたほうがよいということですね。



よってこの場合、ソファの座面とテレビの”設置高さ”の関係になりますから、簡単に距離だけで規定を設けるのは難しいのかと思います。

我が家が愛用しているテレビボードシリーズも、”低く”が基本のようです。


まとめ

以下の結論でいかがでしょうか。

  1. テレビ画面の高さ(フレームを除く画面の縦方向長さ)の3倍離れる
  2. ソファに座った時の目線高さと画面の上辺フチ高さ合わせる
  3. 4K、8Kテレビになったらもっと近づいていいけど、多分目が疲れる


にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む »

フロントガラスが凍ってしまった時の対処法を整理する


釣り人の朝は早いのです…、だけではなく(汗)
寒波が来ている朝はフロントガラスに霜がおりることありますよね。
湘南エリアはいつもではないのですがたま~に(2,3週間に1日位?)あります。

専用ガレージをつくったプレミアムな一戸建てのにお住まいの方はそんな問題も無いわけですが。そういえば昔一階がガレージの家に住んだことがありましたが、ガレージまで含めて集中暖房だったので朝車で出ていくときに暖かい状態で車に乗って、暖かい状態で出ていけるという夢のような環境でした(遠い目)。

ちょっと話がそれましたが対処法として最近行き着いたアイテムを整理しておきます。

そもそも凍結しないようにする

本当にたま~にみかけます。専用シートをかぶせておくという技です。
デメリットは日常的に使うにはめんどくさい
強風が吹いたら飛ばされそうでヒヤヒヤする、などでしょうか。



お湯をかける

こちらも少し面倒ですが、やりたくなります(汗)
基本的には、NGと言われています。それは”熱湯”をかけると熱膨張の関係でフロントガラスにヒビがはいるから、ですが、"熱湯"ではなく洗面所の”ぬるま湯”であれば、少なくとも私はこれまで問題が起きたことはありません。

でもこれって、車に行って、「あ!凍ってる」と言ってそれからぬるま湯をゲットするという順番ですから、一戸建ての人ならよいのですが、マンションなど駐車場が離れている人は無理技ですよね(汗)。

デメリットは

  • 準備が面倒(熱湯はNGなので温度調整も含めて)
  • 再凍結する恐れあり(走り出したらまた凍る)
  • サイドミラーにかけるのがやり難い

などでしょうか。
世の中には車でお湯を作りたい人向けのアイテムもあるようです。



ゴリゴリ削る

こちらも急いでいる朝は少し面倒です。
でも唯一、凍結してしまってから、液体を使わずに霜を取る方法なので、準備しておきましょう。



解氷剤を使う

こいつです。本命です。
最近買って使ってみました。本当にすぐ溶けます。そして寒い朝に走り出しても再凍結しないです。
難点?は、わりとすぐ無くなる(使い切ってしまう)ことです。ちょっと記憶が曖昧ですが、4~5回使ったら無くなったようなイメージです(フロントガラスのサイズにも依ります)。まぁ500円以下と安いので良いのですが。

油膜によるギラギラが少し懸念されましたが、今のところあまり問題だと感じていません。




番外編的なキワモノアイテム

調べてみるとこんなものもあるようです。



車はエンジンかけてすぐはデフロスター(フロントガラスに温風かけるやつ)は温かい空気でないので、こういうアイテムで速攻暖気するようです。なるほどな~ってかんじですが、ダッシュボード上が少し混雑するのがデメリットでしょうか。

毎日凍ってしまうような地域の人は良いかもしれないですね。長期的に見るとコスパが実は良いのではないかと思います。


まとめると…

面倒くさがり屋は、ゴリゴリ削るアイススクレーパーと、解氷剤を両方準備しておきましょう。

解氷剤が無くなってしまったらスクレーパーでゴリゴリ削る、これがパーフェクトソリューションです。




にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ ブログランキング・にほんブログ村へ
続きを読む »
Powered by Blogger.