イエデン(固定電話)の悩み(1)

すっかり更新が滞ってしまい・・・(汗
しかしそれなりの理由がありましてそれはまた後日・・・
トボトボ


さて今回はタイトルの通り固定電話についてです。
我が家は最近ありがちな固定電話を設置していない(携帯のみ所有している)タイプです。

最近は住所・電話番号を記入する際も家電は書かなくても良いようになっていることが殆どですよね。


しかしながら最近子どもが家で留守番などするようになって子どもと親が連絡を取り合えるようにしておく必要性が出てきました。

その意味では方法は色々あって、

  1. 固定電話を設置する
  2. 子どもに携帯を持たせる(XX円運用的な格安の道を探る)
  3. 家にスカイプ端末でも置いておく

などが思いつく戦略です。


1について
我が家はAUひかりなのでAUのおうち電話なるサービスが候補となるわけです。現在のネット料金に500円/月加えるだけで(きっと)高品質で安定した電話が設置できるのでしょう。

高品質でおトクな料金 auひかり電話サービス 基本料は、ネットサービス月額利用料にプラス525円のみ。通話料も全国一律だから断然おトク!

ちなみに現時点の料金は一般加入向けが8円/3分とIP電話ならではの安さです。
ひかり電話通話料

しかしながら発信者番号通知がなんと400円/月のオプションとなります・・・
電話オプションパック 最大1,000円/月おトク!!

キャンペーン的なのを探ればもっと安い運用をできるのかもしれませんが(あったら知りたい・・・)それでも基本は900円/月というのは我が家程度のニーズに対しては尻込みです(汗


2について
子どもに携帯をもたせるというのは年齢的にもそろそろアリかもしれないと考えてはいるのですが、この調査を通じてもう一つの事実が発覚しました。


  • 毎月の携帯の電話代で以外に固定電話向けの通話料がかかっている


という事実です。

すなわち子どもと連絡が取れるというだけでなく、普段の固定電話向け通話料を抑えるという目的からも家電(IP電話)が使えた方が良いということがわかりました。

ちなみに最近は携帯からキャリアの回線で電話しないで楽天でんわやその他のIP電話アプリで電話することで料金を抑えるというのが常套手段なのですが、なんと我が家はガラケー信仰派なのでそのようなうまい方法がすぐには取れないのです(汗

というわけで子どもに携帯をもたせるよりやはり家電あったほうが良いな・・・とかんがえるようになりました。


3について
何かしらスカイプ端末など連絡が取れるようなものを家に置いておくという方法。
この場合、上述しましたが我が家はガラケー野郎どもなので、親が外にいるときに家にかけられるよう電話番号を取得できるサービスを使う必要があります。

これらの状況を踏まえて、基本的には「余計なお金を払わずに」問題を解決する方法を検討しました。

すんげー文字だらけになって来ましたので次回に続く・・・




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
Share on Google Plus

About Kiseki Kodateno

コメントよろしくおねがいしますm(_ _)m
    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿