ハードオフのオファー買い取りを使ってみたらスゴかった



記録より記憶に残る記事を書きましょう(汗)。
今回は最近流行り(?)のハードオフが展開するオファー買い取り型サービスを使ってみたら素晴らしかった話です。

一戸建てといっても断捨離必須

戸建ては収納が比較的沢山ある方でしょうが、気を抜くと物が増え続けて家が大変よろしくない状態になります汗。

そこで断捨離として不要なものを処分していくことが必要になるわけですが、最近はヤフオクよりも手軽なメルカリが結構流行ってる感じかと思います。

そこで我が家も手短に不要になったカメラ群やキャンプ用品を処分しようということになりました。

簡単なメルカリ、でも面倒くさい

メルカリはフリマスタイルなので価格設定してスマホで出品、あとは売れたららくらくメルカリ便などで発送するだけ。非常に簡単です。

それなのに、変な所に気を使う我が家は以下の点がまだまだハードルになってしまうのです。


  1. 個人から個人への直売だから、きれいに梱包しなきゃとか、クレームに対する準備や処理など、想像して面倒くさい汗
  2. 価格設定が面倒くさい。相場を調べて、ちょっと高めに設定して様子を伺うのが面倒くさい(値切り交渉とか面倒くさい
  3. すぐに売れないかもしれない
かといって近くのリサイクルショップで処分すると、悲しいお値段がつくのは間違いなし汗。というか持ち込むのも面倒くさい。

そこで登場、オファー買い取り!

最初はこう思ってました。
どうせ近くのハードオフに持っていった時のように、買い叩かれるんだろうな

しかし微かな希望を抱きつつ、とりあえずやってみることに。
手順はとても簡単でした(Googleで検索すると色々記事が出てくるので参照ください)。
スマホにアプリをDLして、写真を何枚か撮って、スペックや一言添える。ここで重要なのが、相手が個人じゃないので文章にあまり気を使わなくてよい、ということ。
自分もスペックを簡単に書いて、「特に大きな傷はありません」とか「使用年数に応じた使用感です」的ないまいち微妙なコメントを添えておきました汗。


予想外のピンからキリまでオファー

オファーを入れると、数時間もしないうちにオファーが入ってきました。モノは5年くらい前に中古で29000円位で買ったデジタル一眼です。

最初は5000円位のオファーが入って、まぁこんなもんだろうと思っていたら、8000円、9000円と意外に高値がついて心が踊りました。

そうこう似たような金額が何件か入っていたら、なんと14000円オファーが入りました!その後もオファーは入り続け、最終的に約2日間で18オファーが入り、トップ5は9000円~14000円位でした。

予想外に店舗によって買い取り提示価格がかなり違うということにまずびっくりしました。それと同時にこうも思いました。
「オファーを高めに設定して、実際に物を送付して実査定時には金額を思い切り下げてくるのでは?」と(心が荒んでるからこんなに懐疑的なのかも汗)。


最終査定

結論から言うと、最終査定も14000円の満額でした!
予想をはるかに上回る買取額に、ハードオフ大丈夫かな?と心配になるほどでした。

結局アプリに登録して2日間でオファーがいろいろはいって、その後に簡単な梱包で発送(無料で箱を持って集荷に来てくれます)。その2日後に実査定が付いたということで一週間で全て完結しました。

メルカリに比較して、個人的懸念は以下のように解消されました。

  1. 店舗による買い取りだから、クリーニングとか適当でよい(査定価格を上げたい場合はキレイにしたほうがよいかも?)。相手はプロなので、責任持ってやってくれるためクレーム騒動にならない
  2. 価格設定が不要(オファーしてくれるから)
  3. すぐに処分可能


まとめ

というわけで結論的に、ハードオフのオファー買い取りは神サービスであると思いました。似たようなサービスは他のリサイクルチェーンでもあるようで、比較したわけではありませんが今回試してみた結果には大変満足しています。また使いたい、と思いました。

  

 にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 釣りブログへ にほんブログ村 釣りブログ 神奈川釣行記へ ブログランキング・にほんブログ村へ      

  
Share on Google Plus

About Kiseki Kodateno

コメントよろしくおねがいしますm(_ _)m
    Blogger Comment
    Facebook Comment

0 コメント:

コメントを投稿