狭小書斎のクロスは自分で決めなさいよ

と言われた話です。

クロスは以前書きましたとおり妻にほぼお任せモードだったのですが、唯一ワタクシのスペースである狭小書斎に関しては自分でお決めなんしゃいヨと言われたのでシンコールカタログに載っていたオススメ組み合わせからこれでイキマッショイと即断即決しておりました。それがこちら↓(BA3070とBA3071)

img_BA3070
しかしながらクロス見積もりを出してもらったら実は案外このどうでも良いランク上位の狭小書斎が意外に高かった(諭吉先生が2人くらいだったかな)ので清水畑さんとの打ち合わせ中に急きょ変更することにしました。

具体的にはアクセント一面意外は標準仕様にしてしまうことにしました。


早速カタログを出してくれた清水畑さん。

おもむろに選ぶ私。

あ~じゃあコレがいいんじゃない?



妻「ありえないでショ・・・」

清水畑さん「・・・・(絶句)」

2b4caa76ea4a0d599db95d0761a4eec3


というわけで結局お好きにしなさいと言われましたが清水畑さんと妻のアドバイスによりこちらのアクセントを天井に入れることで決着しました↓(残りの壁は標準)。
img_BA3191


是非応援のひと押しをお願い致しますm(_ _)m。私が応援&参考にしているブログさんたちもランクインされております。→→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ





Ads by livedoor
Share on Google Plus

About Kiseki Kodateno

コメントよろしくおねがいしますm(_ _)m
    Blogger Comment
    Facebook Comment

2 コメント:

  1. なんだか、同じような仕打ちを受けてますねwww

    返信削除
  2. ��まっしん師匠



    ホホホ(^o^;)、どうもセンスというのは男女で違いがあるようで・・・(汗

    私の場合、和な壁紙と洋なアクセントの組み合わせでオカシイということだったようです(和洋折衷で良いじゃないかとも言えます(^ム^)

    返信削除