2013年6月23日日曜日

折れ戸で引き違うマルチなドアを採用

する予定です。

現在のアパートの収納は折れ戸が多いのですが 折れ戸はご存知の通り折りたたんだ戸によって発生するデッドスペースがデメリットの一つです。収納方法や収納するものによってはデメリットとならぬよう工夫もできると思いますし、そもそも収納が潤沢にあれば気にならないでしょうが、我が家はカツカツな収納スペース故、少しでもそういったデッドスペースをなくす必要があります。


そこで登場するのがこちら↓
画像1



しかし実は我が家が採用するエイダイの折れ戸はこのようなハイパーな扉にしなくても少し力をいれてスライドさせると横に動くらしい(?)のですが↓
画像2



しかし毎日のことだからというのと変更しても諭吉先生のお力を借りずに済むほどの費用なので引き違い折れ戸を採用することになりそうです。


是非応援のひと押しをお願い致しますm(_ _)m。私が応援&参考にしているブログさんたちもランクインされております。→→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ



3 件のコメント:

  1. この引き違い折れ戸は便利ですね。

    デッドスペースを無くなるし、狭いところでも開閉できるし。



    うちは工務店指定だったのでぜんぜん検討しなかったんですよねぇ。



    あと、いつものジャンプ漫画の一コマがないと

    なんか物足りなさを感じますw

    返信削除
  2. さみぞーさん



    おおっとあの一コマをうざがらずに見て頂けていたのですね・・・ありがとうございますm(_ _)m

    この折れ戸はたしかにナイスですがどこまでが必要経費でどこからが贅沢なのかもうワケワカメ(おおっと危ない)わけわからんです。



    まっしん師匠



    ビフォーアフター(笑)。シンクロしましたね~w弟子としては師匠の技を盗むために必死に努力をしております^^



    もしかするとこの世には引き違い開き折れ戸なんてあったりするんですかね~なんか忍者屋敷みたいになっちゃいますね~そうするとハハハ

    返信削除
  3. おぉ、なんということでしょう。

    我が家のブログでも、ちょうどクローゼットドアの吊元の話題に触れたところなんです。



    しかし、こんな引き違い折れ戸があった事は知りませんでした。

    クローゼットのデットスペースは本当に悩ましいので、素晴らしいアイディアですね!



    私もついつい一コマを期待してしまいますw

    返信削除