【余談】家の価値は20年モノ

家の価値は20年でゼロになるって言いますよね。

それは築20年だともう上モノに値段がつかないって意味だと理解しています。

まぁその点から見ると、2400万円の家建てたとしたら

月10万円ずつ減価償却していくってことですよね。

土地の価値は経済などの影響で変わることはあっても古くなって変わることはないし
(街が古くなって価値が下がるというのはあるからそれは気をつけなければなりませんが)

私は現在のアパートには月10万も払ってないのですが

月々の支払を増やしてでも20年間の住環境を買いたいかってことですよね。

サラリーマンだと転勤のリスクとかあるからタイミングの見極めは必要だけど

会社の都合で引っ越すかもしれないから家買わないっていうのは
自分の人生を会社に合わせてるみたいで嫌なんですよね。

現実はどうか、っていうのと同じくらい自分はどうしたいか、これを考えるようにしてます。

Share on Google Plus

About Kiseki Kodateno

コメントよろしくおねがいしますm(_ _)m
    Blogger Comment
    Facebook Comment

4 コメント:

  1. 早速行ってこられたのですね!すごい!

    社長にも会えたのかなぁ〜。



    これからのブログの進行がますます楽しみです♪

    返信削除
  2. こんにちは



    実際は、色々先に進んでいるってことで、ブログの続きが気になっています(^^)



    新築って、買った瞬間に2割下がると言われるのと、建築価格=家の評価額とは違うので、購入直後の価値の下がり方が大きいと思います。



    あと、新築の時は差がつきますけど、売る時って高級ハウスメーカーの建物でも、ローコストメーカーの建物でもあんまり差がないらしいです。



    やっぱり売る事を考えずに、自分の家として20年間価値を全うするまで住みつぶす?のが良いんでしょうね。

    返信削除
  3. まっしんはやぶささん



    いつもありがとうございます!激しく同意です。

    20年自分が住む、そのための出費と考えるのが良いですね。



    実は・・・アルデンテさんに行って来ました。

    記事の方はディレイがあるのでもう少しかかりますが

    まっしんはやぶささんには足を向けて寝られない状況になりそうです(笑



    返信削除
  4. まっしんはやぶささんを勝手に師匠と呼ばせて頂きます!

    返信削除