2013年5月2日木曜日

毎日建築士さんと間取りのやり取りをしています

ホントほぼ毎日です。

私がマイホームデザイナーでこんな間取りがええねんと書いて、

妻がここがちゃうねんと注文をつけるのでそれを反映して

建築士のYさんへ送付。次の日にはYさんから修正図面が来ます。

この繰り返し。

Yさんは非常に提案力がある方で、ここはこないしたらこんなええことあるよーと次から次へと提案してくれます。それにインスパイアされてなるほど!ほんならここをこうすればええんや!と更にカイゼン。これを繰り返してます。

DAISOで買ったA3の10ポケットファイルがあっという間に図面で埋まります。

ネットで色々見てると建築条件付きの建築士ってお飾りみたいな人が多いようで、ただ建築確認のためだけ(ちょっと言い過ぎ?)にいるような例がありますがやはり議論を出来るというのはええよねーと思いました。北側斜線の話とか素人よう計算せんし。

若干関西なまりで失礼しました。

さて、間取りを公開したいところですが
妻のストップがかかってしまい断念・・・

延床は30ちょい位、LDKは1Fでぶち抜き20畳以上
間取りは特にこだわりがないのですが
あえて言うとすれば2畳だけのワークスペース(パパ弱し・・・)
そしてバーベキューができるような広いバルコニー

この時間が一番楽しいのかも・・・

この後の成り行きを家が建て終わるまで見たいという方は是非応援のひと押しをお願い致しますm(_ _)m→→にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ


2 件のコメント:

  1. 翌日に修正図面が来るってすごいですね。

    まさに施主と建築士の協創で、良い間取りが出来そうです。



    kodatenokisekiさんも関西なんですねー。

    さらに親近感が湧きました♪



    私は東大阪、妻は奈良出身の関西夫婦です。



    我が家も、妻のツッコミはもちろん「ちゃうねん」ですよw

    返信削除
  2. まっしんはやぶささん



    いつもつたない拙ブログにコメントをありがとうございますm(_ _)m

    そうなんです、といっても小学校迄の間ですが・・・一応茨木市の端っこの方に住んでいました。。。

    あとは名古屋と東京を転々と・・・



    ちょっと記事ピッチ上げられるよう頑張ります!

    返信削除