LDに柱はイラン!

妻が叫んでおります。

LDKは現在約17畳あります(自分的には広すぎる)。
そのど真ん中付近に柱が要るかもしれないと建築士Yさん。

間取りの公開は妻に禁じられているのでLDだけ
2013-05-07_223130



















このどまんなかとは言わないけど中心付近に柱をたてた方が強くなると。しかし妻はどーしても柱はいやだと。

梁をとばして強くするにも長さの限界があるらしく。そこで少し周囲の収納のサイズや壁間の距離(絵に説明がなくてスミマセン)を調整してこれでいけるかもしれないが構造計算をしてみないとはっきりとは判らないとのことです・・・

妻は部屋の形を変えてでも柱はイランと・・・

でもよく住宅雑誌を見てるとめちゃくちゃ広いリビングなのに柱がないのとか見かけますけど、あれってどうやってるんですかね?鉄骨なのかな?

こういうのとか?
01_02_b

















※勝手に画像お借りしてます。問題あればご指摘ください

さて柱は必要か?どうなるでしょう・・・

Share on Google Plus

About Kiseki Kodateno

コメントよろしくおねがいしますm(_ _)m
    Blogger Comment
    Facebook Comment

2 コメント:

  1. 尺モジュールだと2間(3.6m)、メーターモジュールだと4m以上、柱と柱の距離を開けられないのが基本と聞いたことがありますね。



    ただ、我が家の場合だと、リビングに芯芯で4550x3640の柱なし空間があるので、全然だめということでもないのかも?



    写真のような例でも、シャンデリア横のドア右の袖壁や、写真の左側に見える壁(柱)などで、絶妙に柱と柱の感覚を調整していたりするのではと思います。



    あと、木造でも門型フレーム工法というのだと大開口の部屋を作れるそうですが、ちょっと高そうですね。



    とはいっても、この問題はすでに解決されているような予感w







    返信削除
  2. まっしん師匠



    いつも不勉強でございましてスミマセンですw

    モジュールによって違うんですね、なんか不思議な感じです。

    確かにそう言われると写真のも壁をうまく使ってるように見えて来ました・・・



    実はこの間取り問題はまだ最終的な判断は出ていないのです・・・

    つまりブログ記事が現実に追いつきそうでかなり焦っております(汗

    返信削除